大接近した火星は、天体望遠鏡がなければ見えないのでしょうか?

いえ、そのようなことはありません。
前のFAQにも書きましたが、火星大接近とはいっても、形がみえるほど大きくなるわけではありませんから、大接近だからといって天体望遠鏡などをあわてて買い求める必要はありません。肉眼でも明るい火星が夜空に輝く姿を十分に楽しめます。

もちろん、天体望遠鏡があれば、より火星を楽しむことが可能です。火星の表面の模様などをよりはっきりとみることができますので、もし少しお金に余裕があり、より火星大接近を楽しみたいのであれば、天体望遠鏡の購入を考えるのもよいかと思います。
ただ、天体望遠鏡の操作にはある程度の習熟が必要ですし、火星大接近の時期(7月末)が近づくと品薄になることも考えられます。早めに決断して、天体望遠鏡の操作に慣れておくとよいでしょう。

また、天体望遠鏡を買わなくても、近くの科学館や公開天文台などで開催される観望会などに行き、見させてもらうというのも手です。